フランスにいたよ(4)フィジャックにて

7月22日の夕方に、フィジャックに着きました。町の脇を川沿いに抜けて、少し行ったところを左に折れて、細い山道を登ったところにイエイエの家がありました。

上の写真は、道に面した方から撮影したもの、次の写真はこの建物の向こう側から撮ったもの、手前は広い庭になっています。

この位置から左の方と右の方を望んだ写真です。広ーい、の一言です。

家の中を案内してもらいました。介護をしてくれる一家が住み込めるように増築したけれど、現在は通いでお願いしているそうで、部屋数がたくさんあります。我々が使った寝室、アンティークなものがいろいろと飾られていました。

謎の紙束。これは何でしょう、あとで明らかになります。

孫たちが来るので、いろいろな遊具がそろっています。

サラダと各種サラミソーセージのアペタイザーとワインで夕食が始まります。ワインはロゼが最初に出て、後で赤でした。それとカモ肉のリエット。薄く切ったパンに塗っていただきます。ふつうは豚肉のリエットですが、フィジャックはフォアグラが特産なので、余ったカモ肉を使ってリエットを作るそうです。

テラスでゆっくりと食事を楽しみ、その後、眠りにつきました。

翌日(7月23日)は午前中にフィジャックの街へみんなでお買い物。午後に再び今度はかをりと二人でフィジャックの旧市街を散歩、ツーリストインフォで街の歩き方を教えてもらって、その地図にある番号通りに歩いてみました。翌々日(7月24日)の月曜日にはシャンポリオン博物館に行きました。これらをまとめて、フィジャック旧市街の散策について述べてみます。

フィジャックは中世の街並みがあちこちに残っている、とても興味ある小さな町です。下の2枚の写真はGoogleEarthからのものと、ツーリストインフォでもらった地図をスキャンしたものです。

セレ川の北に、三角おむすびのような形をしたフィジャックの旧市街があり、昔はぐるりを城壁で囲まれていたのでしょう、上端(北側)から左側を下に向かって「中世の城壁(Rampart medieval)とあり、一部が残っているようです。おむすびのほぼ中心に三角形の広場、シャンポリオン広場があり、その周りには茶色い瓦の古い建物が建ち並んでいます。

シャンポリオン広場から左へ少し行ったところにカルノー広場があります。カルノー広場の大部分は屋根で覆われていて、その下では市場が立ちます。23日には骨董屋さんの、というかガラクタ市場が立っていました。

街には大きな建物が2つあります。北東側にあるのがノートルダム・ド・ピュイ教会、川のそばにあるのがフィジャックで一番大きな建物であるサン=ソーヴル教会です。街はシャンポリオン広場あたりから上りになっているので、ノートルダム・ド・ピュイ教会は高台の上にある感じです。

今日の午前に駐車して、西側から旧市街に入る寸前に左を見ると斜面がありました。これが地図にあるジグザグのEscaliers du Calvaireでした。だいぶ上っていますよね。

さて、23日の午後の旧市街探検、出発点はツーリストインフォです(上の地図の①)。この建物も古いもので、13世紀に建てられた、かつての造幣局だとか。

地図の矢印と壁に貼ってあるキーマークを対応させながら、歩きます。途中目にした路地や建物など。

これでサン=ソーヴル教会に着きました。中をちらっと覗いて、先を急ぎましたが、柱頭彫刻や聖水盤置きの彫刻など見るべきものがあったようです。

教会の裏手を回って、古い建物を見ながら、キャナル通りからエミール・ゾラ通りを通って街の中心に向かいます。ますぐ向かわずに、南へぐるっと迂回してカルノー広場を通ってシャンポリオン広場に戻ってきました。途中で目にした建物、外観は古そうですが、人が住み、商売をしています。大切に守っているのですね。

シャンポリオン広場を横切らず、すぐの左折してエクリチュール広場に向かいます。ここにはロゼッタストーンの大きなレプリカがあります。

シャンポリオン博物館横の狭い路地を通って広場に戻り、緩い坂を北に向かって少し進みます。

少し行くと左手に市役所があり、中に入るとHeritage Centaerにこの町の歴史が展示されていました。でも説明がフランス語で全然わからず、通り抜けて裏庭に出ます。パピルスが植えられていました。

ふたたび細い路地を通って広場に戻り、広場を横切ってエミール・ゾラ通りを少し行き、Rue Delzhens(発音分からない)へ左折して入り、狭い登坂を北へ進みます。するとノートルダム・ド・ピュイ教会の下に出ます。高台にあるので、旧市街を見下ろすことができます。下の写真、太陽の位置の関係で東方向を見ています。街の中心はもっと右にあるのですが、、。

教会の中をちらっと覗いて、

少し急いで出発点まで戻りました。迎えの約束に時間が迫ってきたからです。その途中の写真です。

こうして2時間ほどの街歩きは終わりました。家に戻ってオークの木の下でしばし休みました。どう歩いたのかを復習しながら。

昨日の街歩きでは時間の関係でスキップした、シャンポリオン博物館を訪ねました。

事前に本を読んで予習をして期待していったのですが、、、期待外れでした。説明は全部フランス語、英語のオーディオガイド(英語)を借りましたが、これもエジプト学についての説明が多く、シャンポリオンについての説明はあまりありませんでした。博物館は4階建てなのですが、1階がシャンポリオン関係の展示とエジプト学の展示、シャンポリオンの人となりなどの説明はほとんどありませんでした。2階から上は文字の歴史のような展示、ハムラビ法典のレプリカとか、漢字の歴史とか。なるほど、この博物館の正式名称が、Musee Champollion – Les Ecritures du Mondeであるように、シャンポリオン博物館というよりは、世界の文字の博物館というほうが正しいようです。


ただ、最上階のテラスからシャンポリオン広場を見下ろす景色はとてもよかったです。向かいの建物の上部もよく見えましたし。

フィジャック旧市街については、これで終わりです。ちなみにフィジャックについては、このサイトが写真満載で充実しています。

この間にももちろん、緑陰でリラックス、孫たちとの交流、さらにおいしい食事などがありましたが、ほぼ省略。主なものを載せておきます。

ガレージから復元した手回オルガン(ストリートオルガン)を出してきて演奏会です。車付きのかなり立派なものです。最初の方に出てきた紙束は、これの楽譜だったんです。一定のスピードで回す必要があるので、かなり疲れますが、ちょっと乗ってる感じですね。

最後の夕食はシャンパンで始まりました。

7月25日の朝、フィジャックを後にしました。

娘夫婦は途中で友達と会うために別行動なので、我々は帰路はどこにも泊まらず、ラクトディ―に戻りました。5日間だったけれど、長くと感じる旅行でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です