2020年の年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。このサイトの投稿、1年間全く行っていなかったことになります。直前のものが2019年の年頭のあいさつなのですから。いろいろと言い訳があるのですが、今はそれを封印して、ともかくご挨拶ごあいさつ。

昨年はアラバマ州のAuburnで撮ったものを載せました。今年は、日本で撮影したものが使えました。例年の定点撮影に近いものです。

さて、昨年は我々にとっては節目の年で、50th Anniversary日本で言う金婚式の年でした。娘たちからのプレゼントで、アメリカのイエローストーン国立公園への旅が実現しました。これについては、終わった後からずっと載せようと考えていたのですが、ついに筆を執ることなく今年になってしまいました。後追いですが、おいおい載せますのでお待ちください。

というような記事で年頭を飾るのは不本意ですが、ともあれ、どうぞよろしくお願いいたします。


「2020年の年頭のご挨拶」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。知人の想い出の「学芸会で演じた”入道雲と雨粒たち”のお話」を探しておりましたところ、こちらのblogに辿り着き、お話が「雨つぶ達/粉川光一 作」と判明致しました。有難うございます。知人の大切な小学校時代の想い出だったのですが、何せ「一般的なお話」ではないし、本人が探しても見つからなかったようで。私自身も「調べておくね!」ゆったものの、「タイトルさえも判らない,何十年も前の学芸会のお話」なんて、何せ「雲を掴むような話で」見つかると思ってなかったので!こちらのblogで判明して、大変に感激致しました。そして私事ですが、当方「生物学」の末端というか現場にいる農を生業としておりまして。奇遇を感じ「鶯」の項なぞ楽しく拝見させて頂きました。重ねて御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です