塑像の実習後半(4)

2月6日に、塑像の実習後半の4回目がありました。モデルさんが入って3回目、今日と来週の月曜日で実際の制作は終わりです。藤原先生から、今日はよく観察してある程度のところまで作りこむようにと檄が飛びます。

とりあえず先週のマネキンのような頭部に頭髪をカツラのようにつけてみました。
まだ頭髪量が足らない感じです。学生さんたちもみんな、一生懸命制作に励んでいます。

藤原彩人先生と角田優先生は学生さんの間を回り、助言をしていきます。

ん、無帽・短髪の藤原先生、珍しいなー。

小生も途中で角田先生に、鎖骨の位置が高すぎるので、のけぞっているように見えると助言を受け、直しました。正面からだと直したのがわかりにくいですが。
頭髪量を増やし、下瞼を加え、ゆがみをなくしたつもりの、今日の最後ものがこれです。

女性の持つ柔らかさがなくなってしまいましたね。また目元、口元の(それ以外にもある気がしますが)ゆがみが気になります。右に傾いていますよね。作っているときは、気が付かないのですが、写真を撮ってみると気が付きます。

来週はそのあたりを気にして、最後の仕上げに注力したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です