今度は奈良だ(4)

ホテルの前の小西さくら通りをちょっと南に下るとシャトードールというパン屋さんがあることに気が付きました。店の前にある看板をよく見ると、2階でモーニングセットが370円だと書いてあります。さっそく店の中に入り左手の階段を上がると、結構広くてレトロな雰囲気。階段を上がったところに菓子パンとサンドイッチセットが並べられていて、サンドイッチか菓子パンのどれかを2点とコーヒーで上記の値段だといいます。さっそく座ってコーヒーを注文し、パンを選び、席に戻って朝食となりました。パンもコーヒーも美味しく、コストパフォーマンスの高いお店でした。

20150810-13Nara30

今日は奈良市内を集中的に攻めるということで、歩いて奈良町(ならまち)へ。最近、ブラタモリでもちょこっと紹介された元興寺へ向かいました。元興寺はもともとは飛鳥にあった、蘇我馬子が6世紀末に建立した日本最古の本格的寺院である法興寺(現在の飛鳥寺)だそうで、飛鳥寺といえば、あのアーカイックスマイルの飛鳥大仏のあるお寺です。元興寺が平城京への遷都に伴ってこの奈良に移ってきたときは、寺の境内は広大で、猿沢の池の南端から南へ440メートル、東西には220メートルの長方形で、現在の奈良町をすっぽり覆う広さです。

現在の元興寺は、ならまち大通りのすぐ南にある小さな一角に、東門を入り口にして境内には極楽堂(本堂)と禅堂、それと小子堂と収蔵庫があるのみです。元興寺は奥が深く、話し出すと長くなるので詳しくはやめて、簡単に書きます。まずは東門の左にある拝観受付で拝観料を払って、東門をくぐります。

20150810-13Nara31

すぐ正面に極楽堂(本堂)があり、そのすぐ後ろに禅室(僧坊)が建っています(表記は公式ガイドブックによる)。いずれも国宝に指定されています。

20150810-13Nara32

2つの建物の屋根は、行基葺きと呼ばれる、先の少し狭まった丸瓦を重ねていく技法で葺かれているため、段々になっています。上の写真では見えませんが、極楽堂の西側の屋根と禅室の南側の屋根の瓦は、飛鳥から移設した際に瓦をリサイクルしているため、瓦の色がすべておなじではなく、古い瓦は赤みを帯びています。

20150810-13Nara33

平瓦や軒丸瓦にも、いろいろと違いがあるようですが、そこまではわかりませんでした。

元興寺の極楽堂(本堂)のご本尊は、仏像ではなく厨子入り智光曼荼羅です。本堂へ上がりましたが、厨子の入っていて小さいのでよく見えないのですが、後ろへ回ると同じデザインの大きな曼陀羅がかかっていました。

20150810-13Nara34

この曼陀羅を眺めていると、通りかかったお坊さんが説明をしてくれました。曼陀羅信仰のこと、智光のこと(写真の下の方にいる、確か右の僧)などなど。大変お話し好きの、人当たりのいいお坊さんでした。後で公式ガイドブックを買って読んでみたら、ここの住職さん(辻村泰善さん)でした。ありがたや、ありがたや。

極楽堂の北西の隅には、鎌倉時代の閼伽棚があり、国宝と書かれていました。この極楽堂は、下の方で載せるかっての広大な寺域に広がる大伽藍のうちの、東室僧坊の南端の建物を鎌倉時代に改築したもので、おそらくその時に作られたのでしょう。パッと見は何の変哲もない棚に見えますが、時代ものなんですね。

20150810-13Nara35

この極楽堂・禅室の建物と宝物館(ガイドブックでは総合収蔵庫)・小子坊の間の細長い敷地の道を挟んだ極楽堂側には石を積んだ五輪塔、反対側には舟形五輪塔がたくさん並んでいます(浮図田と呼びます)。

20150810-13Nara36
20150810-13Nara37

道の奥にはこの寺の住職の墓地があり、その中に「當寺中興〇山 大僧正乘瑞泰圓大和尚塔」(〇は撮った写真では葉っぱに隠れて読めない)というものがありました。後で気が付くのですが、公式ガイドブックには、昭和18年に辻村泰圓が宝山寺から特任住職として入山して、それまで荒れ果てていた元興寺の復興に奔走し、戦争中、戦後の混乱期の中断を挟んで昭和45年までかかって今の形になったとありました。墓碑銘からしてこの方のものなのでしょう。写真を見ると、先ほど曼荼羅の説明をしてくれた住職とよく似ていらっしゃるので、親子なのでしょうね。

奥まで巡った後、小子坊を覗いて(休憩所のようになっている)、収蔵庫へ。ここに国宝の五重小塔があります。高さ5.5m、内部まで成功に作られていて、美しいたたずまいをしています。そのほか、阿弥陀如来坐像も端正な顔立ちをしていらっしゃいます。興味を惹かれたのは、聖徳太子像が複数体、あったことです。太子信仰と関係があるのでしょうか。この建物は元興寺文化財研究所とつながっていて、その展示室も見ることができます。でも訪ねたときにはそのことに気が付きませんでした。なんで元興寺とは関係ないものが展示されているんだろうか、という感想で、うかつでした。元興寺訪問の項の最後に公式ガイドブックに載っていたかっての寺域を示す地図(上下が切れていますが)と、ガゴゼのシールを載せておきます。

20150810-13Nara38

20150810-13Nara39

詳しくは書かないといって、ずいぶんと書いてしまいましたが、ともかく悠久の歴史を背景に持った、しかし新しい時代にも前向きな、とても興味あるお寺さんでした。

まだ3日目の午前中で、これから春日大社を訪れるのですが、今日のところはこの辺で。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です