塑像実習第4回

12月1日に塑像実習第4回がありました。

前回指摘された、顎の後ろにある凹みを意識して作り直し。その後、顔をいじって何とか形になったかなーと思ったら、またまた先生の厳しい指摘。

頭骨の標本と制作中の塑像を並べて上から眺め、顔面から耳のすぐ後ろまでは逆ハの字をしているはずという点と、頭の前後軸が短すぎる、耳の穴がここならオデコはこのくらいと、粘土の塊を額に付加されました。

せっかく目鼻を作っていたのにすべて作りなおし。その結果が下の写真です。確かに前回よりはバランスがよくなった。まだまだ観察力が足りない。どうもちまちまと作る傾向がるようだ。

残りはあと一回。来週も頑張るぞー。IMG_0019 IMG_0021rtc


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です